« 2006年12月10日 | トップページ | 2006年12月12日 »

2006年12月11日

2006年12月11日 (月)

女子走り

Ikeda_1

女子走り幅跳びで優勝、日の丸を手にウイニングランをする池田久美子=10日、ハリファ競技場で(朝倉豊撮影)

【ドーハ=田中浩一郎】ドーハ・アジア大会は10日、当地で陸上など第10日の競技が行われ、女子走り幅跳びで日本記録保持者の池田久美子(25)=スズキ=が、日本選手としては1970年のバンコク大会以来となる同種目36年ぶりの金メダルを獲得した。

 1回目の跳躍からトップに立った池田は、5回目に自己2番目で海外では自己最高となる6メートル81をマーク。2003年世界選手権銅メダルで大会連覇を目指したアンジュボビー・ジョージ(インド)に勝った。

 池田は01、03、05年の世界選手権代表。今年5月の国際グランプリ大阪大会で6メートル86の日本新記録を樹立していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーハアジア大会=陸上、池田が走り幅跳びで金メダル

<>

2006121100000136reuspoview000

写真説明
 12月10日、ドーハ・アジア大会の陸上の女子走り幅跳びで、池田久美子が優勝。(2006年 ロイター/Jason Reed)
(ロイター)12時53分更新
 
関連リンク
  • 池田久美子亡き友に捧げる金/陸上 - 日刊スポーツ
  • 森千夏さん告別式、涙の弔辞=「メダル取って報告を」と池田選手 - スポーツナビ(8月12日)
  • 池田久美子 - スズキ陸上競技部
  • 森千夏 - JOC アテネ2004
  • アジア競技大会 - Yahoo!トピックス
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ラストサムライ

    「キル・ビル」「ロスト・イン・トランスレーション」「SAYURI」「THE JUON 呪怨」からクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」、ブラッド・ピット主演の「バベル」など日本文化を描いたハリウッド映画が続々と製作されているが、そのブームの大きなきっかけとなったのが「ラストサムライ」である。
     日本人の心の中に脈々と息づいているサムライ・スピリットにハリウッドが初めて真っ向から取り組んだ意欲作であり、世界中に感動を巻き起こした。
    「ミッション:インポッシブル」シリーズ、「宇宙戦争」「コラテラル」など数々のメガヒット作品で知られるハリウッドのトップスター、トム・クルーズが、日本のサムライ魂に魅せられ、ほぼ1年を費やして武士道を学び、殺陣を身につけて撮影に臨んでいる。
     舞台は明治維新の日本。トム・クルーズ扮するオールグレン大尉は、近代化を目指す政府軍の指南役として日本に招かれ、そこで過去の遺物として葬りさられようとしている最後のサムライたちと出会う。祖国では南北戦争の英雄でありながら、今や名誉も誇りも見失い、抜け殻のようになっていたオールグレンの心にサムライの魂が再び灯を灯す。
    「ライフ・イズ・スイート」「人生は、時々晴れ」などイギリスを代表する名匠マイク・リー監督の作品に欠かせない顔として知られ、最近では「ハリー・ポッターとアズバガンの囚人」に出演しているティモシー・スポール。「タイムライン」「処刑人」のビリー・コノリー。「ダイ・ハード」の嫌われもののレポーター役で知られるウィリアム・アザートン。映画監督としても活躍し、俳優としては「ゴースト/ニューヨークの幻」の悪役が印象的なトニー・ゴールドウィンといったハリウッド映画でお馴染みの実力派キャストが顔を揃えている。
     また、日本の俳優たちがそれぞれに存在感のある演技を披露しているのも素晴らしい。「ラストサムライ」によって全米でも喝采を集め、アカデミー助演男優賞の候補となり、「バットマン・リターンズ」「SAYURI」「硫黄島からの手紙」をはじめハリウッドからのオファーが殺到している渡辺謙。「たそがれ清兵衛」で日本アカデミー賞の主演男優賞を受賞し、「PROMISE」「上海の伯爵夫人」「亡国のイージス」などで国際的に活躍している真田広之、「ALWAYS 三丁目の夕日」やTVドラマで話題を集めている小雪。中でもこの3人は世界中の注目を集めた。ほかにも天皇陛下を演じた中村勘九郎の次男・中村七之助、「御法度」「殺し屋1」などのコワモテ役、「ワイルド・スピード」のヴィン・ディーゼルの吹替えなどで知られる菅田俊、「KAMIKAZE TAXI」「バウンスKo GALS」などの監督として国際的な評価を集め、役者としては「SPIRIT」などに出演している原田眞人などが好演。そして、44年間に渡り通産2万回以上も斬られ役を演じてきた福本清三が寡黙なサムライを演じて脚光を浴びた。
     監督に起用されたのは「グローリー」「戦火の勇気」「マーシャル・ロー」など社会派な内容を骨太なエンターテイメント・ドラマに仕上げることに定評のあるエドワード・ズウィック。ちなみに彼の新作はアフリカを舞台にしたダイヤモンド密売に絡む国家的陰謀を描いた「ブラック・ダイヤモンド」であり、レオナルド・ディカプリオとジェニファー・コネリーが共演している。脚本は「グラディエーター」「アビエーター」のジョン・ローガンと、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツとの共同。コスチューム・デザインには「ロード・オブ・ザ・リング」のナイラ・ディクソンが招かれ、日本文化への深い敬意のもとに徹底的なリサーチを重ね、膨大な数の衣装が作られた。音楽は「ダ・ヴィンチ・コード」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のハンス・ジマー。ジマーにとって「ラストサムライ」は記念すべき映画音楽担当100作目となった。姫路、京都での撮影を終了したスタッフは、ロサンゼルスの野外撮影用地に移動。そこには19世紀の日本が見事に再現されていた。ほかにもダイナミックな屋外シーンはニュージーランドで撮影が行われている。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2006年12月10日 | トップページ | 2006年12月12日 »