« 2007年1月25日 | トップページ | 2007年1月27日 »

2007年1月26日

2007年1月26日 (金)

家庭用のコンセントで充電できる実用的な電気自動車が日本で発売されました。

家庭用のコンセントで充電できる実用的な電気自動車が日本で発売されました。
動画ニュース 56k | 300k

家庭用のコンセントで充電できる実用的な電気自動車が日本で発売されました。

地球の温暖化が進み、環境問題への関心が高まっている中、環境にやさしいクリーンな車が注目されている。25日、家庭用のコンセントで充電できる実用的な電気自動車が日本で発売されました。

地球温暖化の原因の1つといわれている二酸化炭素。
排ガスを出し続けている車、そしてガソリンの高値。
そんな中、ガソリンは一切使わず、100%電気で走る車「Girasole(ジラソーレ)」が誕生した。
ジラソーレを開発したのは、オートイーブィジャパンの高岡祥郎さん(63)。
高岡さんは元富士重工のレーシングドライバーで、1983年に第31回サファリラリーに出場し、日本人ドライバーとしては初の5位入賞を果たした。
高岡さんは、ジラソーレを作ろうと思ったきっかけについて、「公害を出すことを多くやってきた。だんだん年をとってくると、罪滅ぼしで少しは良いことしようかなと」と語った。
車の製作工場はイタリアに置き、日本とイタリアが共同開発で、日本仕様の電気自動車作りに取り組んできた。
研究開始からおよそ4年、第1号車がイタリアから運ばれた。
この電気自動車の全長は2.34メートル、重さは420kg。
充電用のコンセントはボンネットの中にあり、家庭用の100ボルトのプラグを差し込み、5時間充電すれば、およそ120kmを走ることができる。
2人乗りで、座席の下に車の心臓部ともいえる「バッテリー」が収められている。
茨城・城里町にある自動車テストコースで、車の性能データを測定した。
今回は騒音テストと加速性能テストを行った。
騒音テストは、車が時速20kmで測定ポイントを通り抜けたときの音を計る。
結果はガソリン車よりもはるかに静かだった。
次に加速テスト、時速50kmから測定ポイントに進入し、アクセルを踏み一気に走り抜ける。
この結果もガソリン車よりも優れていた。
ここに至るには数々の問題が山積みだった。
バッテリーの寿命の短さ、ボデイーの基準規格など、すべてクリアしなければいけなかった。
高岡さんは「バッテリーていうのも、何かの事故が起こったときに、この自動車の命がなくなる。だから、何年もかけてちゃんとテストやっている」と語った。
また、高岡さんは「(うまく進んでいる?)産みの苦しみをずっとやってきている。いい子に育ってもらうためやっている。やっぱりワクワクしていますよ」と語った。
視覚障害者が周囲にいるときに、音を出し車の存在を気づかせることもできる。「パッカ、パッカ」と、威圧感のない馬のひづめの音になっている。
ジラソーレを試乗した街の人は「静かでしたね、びっくりしました」、「もしお金があったら、2台目として買いたいですね」と語り、反応は上々だった。
ジラソーレの価格は定価245万円。
「捨てない車を作るのが夢」と語る高岡さん。
環境への扉が開き、新しい車が走り出した。

ジラソーレを購入すると、国から補助金として最高77万円がユーザーに支払われる。
また、5時間のフル充電で120km走行できるが、電気代は100円足らずで済むという。

これイイネ!でもまだまだ高いな。中国で作れ!

電池スタンドが普及しないと長距離もだめだし・・・

490

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070125/20070125-00000237-fnn-bus_all.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日のきゃぷ その2

1_5_1_3 04asd_2

015_4

99_5 0111_1_3

125_3 3499_1

3504_1

3505_1

3515_1

3922_1

4884_2

4891_3 4894_2

4896_2

4976_1

2007011200000038rbbentview000_2

2007011200000401ismspoview000_1

2007011200000438reuspoview000_1

2007011200000511reuspoview000_1

2007011204947780jijpspoview001_1

0612210658061_1

1168595026250e91a_2

1168595095330ea23_2

1168595374043e01e_5 1168595861494ae2a_2

1168615887499_3 1168616248599_3 1168616309922_2

1168623435028e040_1

1168624233199c50d_3 1168624367543c1a2_1

1168686313223e593_1

1168686807186d7a5_3 1168686834359aa99_3 1168687516453d1df_1

1168687722790c109_1

1168687765662e90d_3 1168687803172c059_2

1168687946358aa82_1

1168687947108b97b_3 1168687964681e876_1

1168688097152b63f_3 1168688224215f698_3

1168688224215f698_5 1168688540673bef4_3 1168688621216efc3

1168688669065b663_1 1168688803255b07a_1 1168688979873ab82_1 1168689206492e221

1168689918155ce74

1168689968570

1168690011863df95

1168690151661a2b7

1168690282161ceb3

1168690295633be69

1168690327583f261

1168690435663afa0

1168690525415f8de_1 1168690762651ec55_1 1168690798112dffb

1168690856453d893

1168691111670ee62

1168692161073f432

1168692291778d72f

1168692537245b74d

1168692574847bafc

1168694736804fc23

1168695302400f639_2

1168695390041a9b0_1

1168695435191cfc3_2

1168695974098cbc4_2 1168696011488e794_3 1168696305546f88f

1168696606113a03f

1168696661413c4c3_1 1168697019999b485_2 1168697023564c7f8_3 1168697156016d9a8_1 1168697275322bc09_1 11685958837441ab0_1 11686871031970d54_1 11686873570198cd2_1 11686874298000b09_1 11686878916596ebc

11686879156977a2e_1 11686879860130feb_1 11686882563705bc0

11686890124558b5f_1 11686892458830dad

11686892525286e26_1 11686900421950cfd

11686904819190ced

11686905563922ed6

11686908302406a44_1 11686920452505a22

11686943065713b96

11686952256408e19_1

11686952809506ddd

11686952959118e66_2 11686953924150c24

11686954295037bed_1 11686956595720e6a14_1

11686958921041fc8_1

11686959032884f81

11686963448815e3a_1 11686964277263e16_1 11686965647627b4e_1

11686966986602db0_2

11686967409755ec0_3

11686971049141f37_1

11686974959788ca2_2 20060206114226_70

200701122350481

200701130016531

200701130017071

200701130025531

130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月25日 | トップページ | 2007年1月27日 »