« 2007年2月4日 | トップページ | 2007年2月6日 »

2007年2月5日

2007年2月 5日 (月)

今日のきゃぷ 070204


トップランナー YUI ジャンクスポーツ 浅田美和 おぐしお など

Tideotv001_1

Tideotv002_1

Tideotv003_1

Tideotv004_1

Tideotv005

Tideotv007_1

Tideotv009_1

Tideotv010

Tideotv011

Tideotv013_1

Tideotv014

Tideotv015 Tideotv025

Tideotv027_1

Tideotv029_1

Tideotv030

Tideotv031

Tideotv035_1

Tideotv039_1

Tideotv042_1

Tideotv043_1

Tideotv044_1

Tideotv045_1

Tideotv046_1

Tideotv047_1

Tideotv048

Tideotv049_1

Tideotv051_1

Tideotv052

Tideotv055_1

Tideotv058_1

Tideotv059_1

Tideotv060

Tideotv062_1

Tideotv063_1

Tideotv064_1

Tideotv067_1

Tideotv068

Tideotv070_1

Tideotv071_1

Tideotv072

Tideotv073_1

Tideotv074_1

Tideotv075_1

Tideotv076

Tideotv077

Tideotv079_1

Tideotv080_1

Tideotv081

Tideotv082

Tideotv083

Tideotv085

Tideotv086

Tideotv087_1

Tideotv095_1

Tideotv097_1

Tideotv101

Tideotv106

Tideotv108_1

Tideotv111_1

Tideotv112

Tideotv113

Tideotv114

Tideotv115

Tideotv116_1

Tideotv117_1

Tideotv119

Tideotv120

Tideotv122

Tideotv123_1

Tideotv125

Tideotv127_1

Tideotv128

Tideotv146

Tideotv148

Tideotv152_1

Tideotv159

Tideotv161

Tideotv188_1

Tideotv190

Tideotv194_1

Tideotv201

Tideotv215

Tideotv217

Tideotv222

Tideotv224_1

Tideotv225_1

Tideotv227

Tideotv228_1

Tideotv229_1

Tideotv230

Tideotv234

Tideotv236

Tideotv241

Tideotv242

Tideotv246

Tideotv252

Tideotv257

Tideotv262

Tideotv271_1

Tideotv274

Tideotv275_1

Tideotv276_1

Tideotv283_1

Tideotv284

Tideotv287

Tideotv292_1

Tideotv293

Tideotv295

Tideotv298

Tideotv306

Tideotv308

Tideotv311

Tideotv314_1

Tideotv315_1

Tideotv316

Tideotv317_1

Tideotv318

Tideotv319

Tideotv320

Tideotv321_1

Tideotv322

Tideotv323

Tideotv324

Tideotv325

Tideotv326

Tideotv327

Tideotv328_1

Tideotv329

Tideotv330_1

Tideotv331_1

Tideotv332

Tideotv343_1

Tideotv351

Tideotv358

Tideotv361_1

Tideotv367

Tideotv400_1

Tideotv401_1

Tideotv403_1

Tideotv405_1

Tideotv406_1

Tideotv407_1

Tideotv414

Tideotv415_1

Tideotv424_1

Tideotv425

Tideotv430_1

Tideotv434_1

Tideotv449_1

Tideotv451_1

Tideotv463

Tideotv465

Tideotv469_1

Tideotv472_1

Tideotv486

Tideotv488

Tideotv489

Tideotv493_1

Tideotv494

Tideotv495_1

Tideotv498_1

Tideotv506_1

Tideotv508

Tideotv517

Tideotv528

Tideotv530

Tideotv532_1

Tideotv533

Tideotv534

Tideotv536

Tideotv537

Tideotv541_1

Tideotv543_1

Tideotv544_1

Tideotv545

Tideotv546

Tideotv547

Tideotv548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パワーフォーリビング」って何だ? 謎のCM POWER FOR LIVING

あやしいCMが流れているので調べてみた

結論からいうと(個人的な解釈含む)

世界的な規模のキリスト教系の宗教団体らしい

数多くの信者を集め、成功した人からお金をもらう

有名人を広告塔に使う詐欺、前にあったなw

お金に負けてCMを許すテレビ局側

この体質なんとかならんかな~

Pfl Power_for_living_070201_0207__s Powerliving_11701535432844c63 Pwer1

「パワー・フォー・リビング」って何だ

カルト教団か慈善団体か

「何あれ?」と不思議に思っている読者も多いはず。最近TVで流され、新聞でも大きな広告が出ている「パワー・フォー・リビング」だ。
 日ハムのヒルマン監督や「異邦人」の久保田早紀など各界の有名人が登場し、「無料で書籍を差し上げます」と呼びかけている。
「広告費用は総額で10億円を超える」(広告代理店関係者)というから大キャンペーンである。
 ヒルマン監督が「私が神を信じた時から、どんな試練も苦しいと感じたことはなかった」とか、久保田が「私は神を信じたのです」とか言うものだから、ネット上でも「カルト教団か?」と話題になっているのだ。

 この“謎”の書籍を無料で配っているのは、米フロリダ州に本部がある「アーサー・S・デモス財団」。生命保険業で財を成したアーサー・S・デモス氏が1955年に設立し、総資産は数百億円ともいわれる。
「中絶や同性愛に反対したり、進化論を否定するキリスト教の保守派を支援している財団で、関連の組織とか弁護士などにも多額の寄付をしています。そのため米国では、常に慈善団体の上位にランキングされる。財団そのものに教義はないし、信者を勧誘しているわけでもないので『カルト教団』とは言い切れない。しかし、マスコミの取材を受けない徹底した秘密主義で、実態はベールに包まれています」(在米ジャーナリスト)
 パワー・フォー・リビングにしたって、原書はプロテスタントの牧師が書いた“入門書”みたいなもの。日本語版も「神はあなたを愛している」といったメッセージと、クリスチャンになった有名人の体験談などがつづられているだけだ。
「米国では半年で33億円と、大統領選を超える金額のキャンペーンを張ったこともあります。ドイツでも01年から配布が始まりましたが、宗教思想を宣伝するという理由でCMは放送禁止になっている。いよいよ日本上陸というわけですが、ドイツでは新興宗教とのかかわりを批判する声も出ていた。日本でもTBSとフジテレビはCMを流していない。なぜ、いま日本なのかという疑問も残ります」(事情通)
 謎だらけだけに、何となく気味が悪い

http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=17494 ゲンダイネットより

以下パワー・フォー・リビングの詳細
http://ja.wikipedia.org/wiki/Power_for_Living
http://powerforliving.blog.shinobi.jp/
http://blog.goo.ne.jp/kuropanda_001/e/4bd420c742ff6b69704f5d0d41954988

パワー・フォー・リビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Power for Living から転送)

パワー・フォー・リビングPower For Living)は米国アーサーS.デモス財団(Arthur S. DeMoss Foundation)が無料配布しているキリスト教系書籍の名称。

目次

[非表示]

[編集] 来歴

  • 1959年 - アーサー・S・デモスによって、ナショナル・リバティー財団が設立される
  • 1979年 - アーサー・S・デモスが53歳で没。夫人のナンシー・S・デモスが、遺産のうち2億ドルをあてて、ナショナル・リバティー基金を設立。後に名称を現在のものに改める。
  • 1983年 - 米国にて書籍「パワー・フォー・リビング」の配布開始
  • 1999年 - 米国にてテレビCMによる広告開始。
  • 2001年 - ドイツで配布開始
  • 2007年 - 日本で配布開始

[編集] 概略

  • パワー・フォー・リビングの原書は、キリスト教プロテスタント南部バプテスト派の牧師Jamie Buckinghamが書いたキリスト教系書籍。クリスチャンとなった有名人の体験等を綴ったもので、未信者向けの内容である(無料配布される日本版の詳細は不明)。
  • パワー・フォー・リビングを配布しているアーサーS.デモス財団は、主にキリスト教プロテスタント福音派を支援している財団で、特に中絶同性愛の反対、進化論の否定などに特徴があるキリスト教右派との繋がりが深いとされている。
  • キリスト教を広めることを目的としたものであり、独自の教義や教祖を持つ宗教団体ではない。よって、財団の活動に協力するキリスト教信者はいても、財団ないしパワー・フォー・リビングそれ自体の信者という者は存在しない。CMの広告塔になっている者はいずれも原理主義的色彩の濃い教派のプロテスタントのキリスト教徒である。
  • 財団の豊富な資金力を背景に、パワー・フォー・リビング配布のための広告活動がこれまでアメリカ、ドイツでなされてきており、2007年から日本でも新聞広告及びコマーシャルを流すようになった。
  • コマーシャルでは宗教性を隠しているが、実体はキリスト教の布教活動(文書伝道)である。
  • 宗教関連のコマーシャルは、日本ではタブーでは無いかと言う指摘もある(但し、日本では例として年末年始の初詣のCMなど、既に寺社創価学会などが日中にCMを流している)。
  • ドイツではこの財団のコマーシャルは、ドイツ連邦放送審議会(Germany's Federal Broadcasting Commission)によって「宗教思想を宣伝する広告」であると認定され、2002年1月に放送禁止となっている。

[編集] 有名人の関係者

日本版コマーシャルの出演者
アメリカ版コマーシャルの出演者

全員プロテスタントのキリスト教徒として知られている。

[編集] 日本国内での反響

  • コマーシャルについては、宗教色を全く無くし「本の宣伝」と捉えている日本テレビTBSテレビ朝日、そしてテレビ東京が放送を行っている一方、無料で本をプレゼントしていること以外何を訴えているCMなのかが判らず不明瞭な点が多い事もあり、フジテレビがコマーシャルの放映を見合わせている。 また運営主体などが不明瞭なため「米国発のカルト宗教団体が日本へ布教しに来た」とされることも。なおフジテレビでの放送は見合わせているが、系列局では放送されている。(準キー局の関西テレビ東海テレビなど)
  • 一概には言えないが昼間や夜間などスポットCM料が安い時間帯に放送されていることが多い。これは外資系の企業アリコジャパンなどと同じである。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

執筆の途中です この「パワー・フォー・リビング」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。
パワーフォーリビング ナゾの団体、10億円CM攻勢…全国紙の大半“制覇”
聖書読め、中絶反対…キリスト教右派と関係深く

7日(日)の朝刊各紙を広告塔のヒルマン監督がジャック! CMなどを含め“布教”作戦の総費用は20億円以上とも 数百万人の人生を変えたという本「パワー・フォー・リビング」を無料で進呈するという謎めいたテレビCMが、先週末から大量に放送中だ。7日には全国紙の大半に全面広告が出され、折込や雑誌広告にも大展開している。米国に本部を置く財団が世界各国で行ってきた巨大キャンペーンの一環で、ドイツでは「宗教色が濃すぎる」としてCMが放送中止となり、日本のテレビ局でも対応は二分している。秘密主義を貫く財団の正体とは?

 「10億円もの予算をかけて全国にスポットCMを大量に流す。日本ではまったく知られていない団体が、トヨタなどトップ企業と同レベルの広告費を投下すると、業界は騒然としている」(民放テレビ局営業)

 各局のCMを1カ月間ジャックし、新聞雑誌でも大展開するのは、米フロリダ州に本部を置く「アーサーS・デモス財団」という団体だ。

 広告塔は敬虔(けいけん)なキリスト教徒の4人。プロ野球・北海道日本ハムのヒルマン監督(44)、「久保田早紀」の名で「異邦人」をヒットさせた歌手の久米小百合さん(48)、音楽ユニット「m-flo」のverbalさん(31)、フィギュアスケート選手のジャネット・リンさん(53)。自らの宗教体験とともに、「パワー・フォー・リビング」という無料の本を勧め、取り寄せるための電話番号やホームページアドレスが表示される。

 実はこうしたキャンペーンは、これまで欧米でも行われてきた。米国では99年3月までの半年間で大統領選のメディア戦略をしのぐ33億円余が投じられた。ヤンキースのペティット投手や元ミスアメリカが本を勧めるCMは、CNNだけで1日50回流れ、「タイム」誌などの各雑誌や地下鉄駅にも広告が掲出された。

 無宗教者のために83年に書かれた「パワー・フォー・リビング」英語版は、134ページの冊子に例え話を織り交ぜ、「神はあなたを愛している」「人類は罪深い」「何人たりとも神を受け入れねばならない」などと訴える。聖書を読むよう勧め、妊娠中絶や喫煙、同性愛には反対の姿勢だ。

 01年末からはドイツでも英国人歌手、クリフ・リチャードさんらを起用して同様のキャンペーンが行われたが、キリスト教右派的な教えや秘密主義、新興宗教とのかかわりなどで批判が高まり、1カ月で放送禁止となった。

 同財団の創始者は、ダイレクトメールによる生命保険で財をなしたアーサーS・デモス氏。1955年に設立し、79年に同氏が亡くなると妻のナンシー氏が代表を引き継いだ。毎年のように全米で慈善団体の上位に名を連ね、資産額は600億円とも。テレビ宣教師やキリスト教系組織、同性婚や妊娠中絶に反対する法律事務所などに多額の寄付を行っている。

 米国の宗教事情に詳しいある教授は、「キリスト教福音派の中でも、中絶反対や進化論否定などを訴える右派と関係が深い財団。米国では福音派の保守的な価値観が盛り返し、ブッシュ大統領の当選にも貢献した」と説明。さらに同財団について「本を頼んだ後にしつこく勧誘されるようなケースは聞いていないが、情報が遮断されている点はカルト的」とみる。

 99年にタイム誌記者が財団本部に電話取材すると、「われわれはカルトではないが、自分たちの実態を話すことはできない」と回答され、「当財団には(自分たちを)PRすることを望まなくなった経緯がある」とのFAXが送られてきた。財団関係者には、財団を称賛する話を外部ですることすら禁じるなど、厳しい秘密保持が求められるという。

 日本でも秘密主義は貫かれる。

 財団の住所とされる東京都港区南青山のビルの一室を訪ねても、呼び鈴に応答はない。ビルの関係者は「複数の団体の連絡場所として使われている部屋。誰もいないことが多い」と話す。

 本の発送を頼むホームページに財団の連絡先はない。同様にコールセンターでもオペレーターは財団や本の「情報を持ち合わせていない」うえ、センターの所在地も「お答えできない」。マスコミ向けの電話窓口でも広告会社社員が「資料をお送りします」と応対するのみで、財団とじかの接触はかなわなかった。

 謎に包まれたCMへの対応は、民放テレビのキー局でも二分している。「本の宣伝だと聞いている。うちの規定には抵触しない」とするテレビ朝日、「NPO法人の活動報告をまとめた本と聞いている。仮に宗教関係でも初詣CMなど勧誘の色彩がないものはOK」のテレビ東京、そして日本テレビがCMを放送。一方で「総合的に判断」したフジ、「内規等に基づいた考査判断」をしたTBSは見合わせている。

 前出の教授は「大々的に宣伝しても、キリスト教徒が少ない日本でどれだけ効果が上がるか疑問だが、動向を見守る必要がある」と話している。 
ZAKZAK 2007/01/09

● パワー・フォー・リビングに関係のある有名人

【パワー・フォー・リビング日本版のコマーシャル出演者】
トレイ・ヒルマン (プロ野球北海道日本ハムファイターズ監督)
久保田早紀 (歌手)
VERBAL (m-floメンバー)
ジャネット・リン (元フィギュアスケート選手)

【パワー・フォー・リビングアメリカ版のコマーシャル出演者】
レジー・ホワイト(元NFL選手、牧師)
ジェニファー・オニール(ハリウッド女優)
ベルンハルト・ランガー(プロゴルファー)
ミッシェル・エイカーズ(女子サッカー選手)
アンディ・ペティット(MLBニューヨーク・ヤンキース投手)

※全員プロテスタントのキリスト教徒として知られている。

● パワーフォーリビングのまとめ

・アーサーS.デイモス財団 The Arthur S. DeMoss Foundation
・拠点 ウェストパームビーチ(フロリダ) West Palm Beach, Florida
・サイト http://www.powerforliving.jp/
・生保会社National Liberty Corporationの社長であったアーサーDeMoss氏を記念して設立。
・DeMoss氏53歳で1979年9月1日に死去。
・彼の遺産420億円(3.5億ドル)のうち240億円(2億ドル)で財団設立。
・キリスト教プロテスタント福音派右派。
・キリスト教原理主義(聖書は一字一句真実と考える)。
・反中絶、反ポルノ、反同性愛、反進化論、死刑賛成、等。
・資産 約450億円(4.04億ドル)。
・他団体等(他宗教右派、キリスト教福音派、右派政治団体等)への資金援助 約28億円(2350万ドル)。
・Power For Living に関する費用 約5.6億円(470万ドル)。
・その他の活動費等 約7千万円(56万ドル)。
・取材は一切受けない。
・共和党支持で、政治に深く関与。
・イランコントラ事件への関与。
・2002年、ドイツでも日本と同様の広告あり。
・ドイツでは、テレビ等で世界観や宗教を宣伝は禁止の為、この広告放送は短期間で停止。
・2007年1月(2007/1/6から?)よりPower For Living の広告開始。
・読売、毎日、朝日、産経、日経、中日に全面広告及び折込広告。
・日経ウーマン、週刊朝日に綴じ込み広告(4ページ)。
・新聞折込の住所は、バーチャルオフィスの貸部屋。
・同じマンションの号室に、さまざまな業種(すべて別法人らしい)が入ってる。
・TV CM 4パターン。
・CS、CATV等の有料チャンネルでもCMを放送。
・広告出演 久保田早紀、トレイ・ヒルマン、VERBAL(m-flo)、ジャネット・リン。
・財団が本を送付する為に得た個人情報は他の目的には使用されない。
・本を注文してから届くのに4~6週間。
・powerforliving.jp の登録者名は、株式会社マッキャンエリクソン

一言で言うと、福音派キリスト教の教義を政治に反映させ、信者を増やす為の活動の一環。
第三世紀という出版社が母体らしい。
ビジョンは、キリスト教共和国の設立との事。
アリゾナ国会議員ジョン・コンランとキャンパス十字軍のビル・ブライトが主導して設立。
営利団体としてアムウェイ(リチャード・デボス)とNational Liberty Insurance Corporation(アート・デモス)、
Ocean Spray Cranberries(ジョン・タルコット)等を設立し、 その利益を免税のキリスト教自由財団に寄付し、そこから活動資金を得ているらしい。
また、キリスト教自由財団は様々な団体に寄付し、リチャード・デボスが共和党国家委員会の金融議長になる。
オーランド・マジックNBAのバスケットボールチームの所有者の共同創立にもなる。
アート・デモスは National Organization on Disabilityの議長になり、Butterworth Health Corporationの委員でもある。
自作自演で宗教団体や販売団体から様々な賞を得る。
国連やナサにも入り込む。
その後アムウェイが訴えられる。。。。
etc.

● パワー・フォー・リビング イラン・コントラ事件

イラン・コントラ事件は、アメリカ合衆国のレーガン政権が、イランへの武器売却代金をニカラグアの反共ゲリラ、「コントラ」の援助に流用していた事件。

このイラン・コントラ事件のスキャンダルによって、レーガン政権によるコントラへの援助が難しくなった時期に、「統一教会」(統一協会)の教祖、文鮮明が、
レーガン政権の要請を受けて創設していた保守新聞、『ワシントン・タイムズ』でコントラに対し、1400万ドル(当時のレートで約35億円)を援助することを申し出た。

● パワーフォーリビング キリスト教右派の説明

キリスト教右派は、キリスト教内の政治的および宗教的右派の勢力である。

より一般化した言い方としては宗教右派と呼ばれ、右翼的な見解を持つ政治、宗教運動や団体に対して用いられる名称、定義である。このような運動や団体は様々な国で見られるが、キリスト教右派の名称はアメリカ合衆国国内の運動や団体を指している事が多い。キリスト教右派団体は、名前が示すとおり、主にキリスト教徒で構成されており、特にキリスト教原理主義者者が多い。また、プロテスタントが多く、カトリックが少ない。著名な右派が「カトリック教会は邪教である」と言って憚らない程である。カトリックの右派の殆んどは「教皇空位主義者」(Sedevacantist)である。一部の団体は、自分たちの政治的信条は全てのキリスト教徒を代表しているのだとか、あるいは全てのキリスト教徒は、自分たちのような政治的信条を持つべきだと主張している。しかし、実際にはアメリカのキリスト教徒の政治的信条は非常に様々である。

キリスト教右派の団体や構成員には、合衆国共和党の主義や政策に賛成、支持するものが多く、時には(逆に)共和党の主義や政策に影響を与える事もある。例えば、ジョージ・W・ブッシュ大統領の選挙戦では、キリスト教右派の共和党支持が、無視できない役割を果たしたものと考えられている。
Wikipediaより

● パワーフォーリビングに関係のある福音派とは?

福音派(ふくいんは、英:Evangelical)は、キリスト教のプロテスタントを神学や信仰の姿勢によって比較分類する際に用いられる用語。

「聖書に啓示されている聖徒に与えられた初代教会から継承されるキリスト教の真理を守ろうとする福音主義的な運動であり、また保守的な神学の立場に立つ教団及び教派を指す」 と自己規定される。

アメリカでは、有名な「進化論論争」や、また、昨今は「宗教右派」とかなり重複していることで世界的に有名になっているが、政治的立場は必ずしも右派(鷹派)とは限らず、たとえば共和党でもマーク・ハットフィールドのような議員や再洗礼派系の教団や教派のように聖書の使信は平和主義であると称える教派も多い。

怪しげなCM『パワー・フォー・リビング』って一体?

ナゾの団体、10億円CM攻勢…全国紙の大半“制覇”


『数百万人の人生を変えたという本「パワー・フォー・リビング」を無料で進呈するという謎めいたテレビCMが、先週末から大量に放送中だ。7日には全国紙の大半に全面広告が出され、折込や雑誌広告にも大展開している。米国に本部を置く財団が世界各国で行ってきた巨大キャンペーンの一環で、ドイツでは「宗教色が濃すぎる」としてCMが放送中止となり、日本のテレビ局でも対応は二分している。秘密主義を貫く財団の正体とは?
・・・中略・・・
 無宗教者のために83年に書かれた「パワー・フォー・リビング」英語版は、134ページの冊子に例え話を織り交ぜ、「神はあなたを愛している」「人類は罪深い」「何人たりとも神を受け入れねばならない」などと訴える。聖書を読むよう勧め、妊娠中絶や喫煙、同性愛には反対の姿勢だ。
 01年末からはドイツでも英国人歌手、クリフ・リチャードさんらを起用して同様のキャンペーンが行われたが、キリスト教右派的な教えや秘密主義、新興宗教とのかかわりなどで批判が高まり、1カ月で放送禁止となった。
・・・中略・・・
 99年にタイム誌記者が財団本部に電話取材すると、「われわれはカルトではないが、自分たちの実態を話すことはできない」と回答され、「当財団には(自分たちを)PRすることを望まなくなった経緯がある」とのFAXが送られてきた。財団関係者には、財団を称賛する話を外部ですることすら禁じるなど、厳しい秘密保持が求められるという。
 日本でも秘密主義は貫かれる。
 財団の住所とされる東京都港区南青山のビルの一室を訪ねても、呼び鈴に応答はない。ビルの関係者は「複数の団体の連絡場所として使われている部屋。誰もいないことが多い」と話す。以下略。』

・・・このCMよく見ますね、最近。




見るからに怪しいですよね。最初に見たときは赤十字とか、WWFみたいな国際的な公的機関の案内CMか何かだと思った。ただ、それにしては何か宗教的というか、よく意味の分からない内容だなぁ~とも感じていたんですけど・・・やっぱり宗教関係だったんですね~。

・・・しかも、どちらかと言うとカルトっぽいですな。

記事によると、CMで広告塔となっているのはプロ野球・北海道日本ハムのヒルマン監督(44)、「久保田早紀」の名で「異邦人」をヒットさせた歌手の久米小百合さん(48)、音楽ユニット「m-flo」のverbalさん(31)、フィギュアスケート選手のジャネット・リンさん(53)の4人。いずれも敬虔なキリスト教の信者だとか。う~ん、これ・・・少しマズくないですか?

例えば、このCMに『これは宗教活動です』といったテロップがあったり、出演している人たちが宗教について説明するのであれば、別にキリスト教の右派だろうと左派だろうと構わないと思うのだけれど、全く実態を明らかにせずに、無料だ、無料だ・・・の広告は少し問題がある気がする。

・・・今後、騙されて・・という表現が適切かは分からないが、意図せず宗教的なコントロールを受けてしまうといった被害が出てくるのではなかろうか?



それと、テレビ局や新聞と言ったマスコミの対応も問題だ。フジとTBSが慎重姿勢なのに対し、テレビ朝日、テレビ東京、そして日本テレビが放送にOKを出してしまっている。新聞に関しては全紙載せてしまっている。これだけのメディアが安易に載せてしまえば、実態を調べないまま「問題がない」と判断して誘いに乗ってしまう・・・というか、公的なものと誤認してしまう人も必ず出てくる。

・・・これは問題でしょ~。

しかも、もし問題が出たときにこれだけの主要メディアが既に加担してしまっていると、真実の報道がなされるのかどうかも不安だ。仮に問題が出れば加担メディアは積極的に追求出来るだろうか? 自分達の責任を認めることが出来るだろうか?



甚だ疑問だ。



JARO的には無問題なんだろうかね?

消費者に迷惑や被害を及ぼすウソや大げさ、誤解をまねく広告を社会から無くし、良い広告を育む活動を行っています。

・・・がJAROの目的ならば、誤解をまねく広告に該当するような気がするんですけど?
見ているだけでも ()
2007-01-10 13:49:17
確かに疑問は沢山有ります

でも 日本人は もっと怖い部分を
抵抗無く受け入れている事があります

過剰なまでの報道(事件や事故等)を何のためらいも無く受け入れている
もう少し この様な報道にも疑問をもってほしい

思い出して欲しい
長野のサリン事件に対しマスコミの取った行動は有名な話です
結局謝罪に関しても 紙面をもちいただけで 放送というメディアでは殆ど謝罪が無かった事

今回のCMも甚だ疑問はあるが 日本人に対してメディアの 横暴さが現れている側面を提示していると思います
確か現在ACが調査している筈ですが・・・

ちと 堅い話になって すみません
見たことないけど (ジンギ)
2007-01-10 20:42:02
田舎だから、遅いのけ?

宗教だかなんだか知らねぇけど、よ

同性愛者は認めないだとか、んなこと、神が言うわけないやんけ、よ

「人類は罪人である」って言った時点で、もうアウト。

はい、消えた~~~~。
ども (黒パンダ)
2007-01-10 23:00:20
>おさん

欧米では子供の頃からメディアリテラシーを叩き込まれますからね~。

・・・日本も必要かもですね。

てか、日本では妙に「メディアは中立」といった考え方というか、意識がありますからね~。メディアも企業といった意識が必要ですなぁ。

>姐さん

たぶん、流れていると思いますよ~。けっこうなが~いCMですよ。
Unknown (piro)
2007-01-12 11:57:28
初めて見た時から、うさん臭いと思いました。同じ様に感じた人は沢山いて安心しました。
やはりメディアの対応が気に成りますね~何でもお金を出せば垂れ流すのはどうかと思います。
宗教にのめれ込むひとの 気持ちは分からないけど、知らないうちに、コントロールされていた・・・なんて事になりそうだしね。怖いです。
今日初めて見た (ジンギ)
2007-01-12 16:27:18
やっぱり流れてなかったよ、今まで。

何のCMかいまいちわかりにくい。
いいこと書いてる本っていうイメージしかない。

そこがすでに偽善くさいんだろーなー。
ども (黒パンダ)
2007-01-12 21:47:48
>piroさん

胡散臭いですよね~。ただ、けっこう多くの人が同じように考えているようですから、ちょっと安心しましたね(笑)

>姐さん

さり気なく1回だけ“神”って単語が出てくるんですよね(笑)
はじめまして。 (りま。)
2007-01-17 18:41:59
この件について調べていましたら、こちらに辿り着きました。参考にさせていただきました
こちらこそはじめまして。 (黒パンダ)
2007-01-17 22:03:41
こんな内容で恐縮です
CM (りりあ)
2007-01-19 00:00:14
私もそのCMが誤解を招きそうだと思いました。
曖昧すぎるCMな上に、極右翼キリスト教団体、しかも本の中身まで極右翼キリスト教的・・・。
JAROの「テレビCM意見箱」に苦情をよせました。
個人的に私は無神論者の無宗教ですが、それでも、せめて「創価学会」のようにはっきりと宗教であることを告知していればまだCMとして適切かもしれない。
これなら、問い合わせして本を無料で送られてきても、内容が内容だから「えっつ!」って思う方もいるかもしれません。ましてや、日本では「同性は殺人と同じくらい悪いことだ」とか「中絶絶対反対」とか「進化論と科学はうそです」って考える人は少ないですからね。そういう考え方を持った宗教団体に本気で飛びつく日本人は少ないと願っていますが、絶対放送中止にしてほしいCMです。
まあ・・・ (黒パンダ)
2007-01-19 00:07:28
どんな宗教を信じようと、または反対に信じまいと・・それは個人の自由だからその宗教の内容に対してとやかく言うつもりは無いですけどね~。

ただ、やっぱり自分たちがどんな団体か・・最低でも宗教的な団体であることくらいは言って欲しいですよね。

・・・マスコミももっと議論をして欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅尾美和 メレンゲ 動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月4日 | トップページ | 2007年2月6日 »