« 2007年3月5日 | トップページ | 2007年3月7日 »

2007年3月6日

2007年3月 6日 (火)

ビーチでブラをはずす理由♪ 18禁

ビーチでブラをはずす理由♪

http://video.ask.jp/watch.do?v=0546432d-83b6-4b58-be09-c5573b8a013f

おまけ

"大人気の「チクドル」こと小田有紗ちゃんが、その見事なバストを濡れたTシャツや薄いワンピースで極限まで披露。
しかも今回はほとんどの衣装の下にニップレス無し!完璧なカタチがはっきりと浮かび上がる奇跡の映像を見よ!
1982年10月13日生まれの有紗ちゃんは、神奈川県出身、趣味はショッピングとカラオケ、特技は 空手(なんと黒帯!)とバスケットボール。アクティブな魅力をお楽しみください!

http://video.ask.jp/watch.do?v=0efc6e83-c378-48cb-93bc-8418d51027ed&feature=Views&page=1&t=t&f=b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画 ホンマン vs マイティ・モー [K1]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070305-00000015-gbr-fight

Img_693608_46710228_0

【K-1】初KO負けのチェ・ホンマン「実は1週間前まで足にギプスしていた」

【K-1】初KO負けのチェ・ホンマン「実は1週間前まで足にギプスしていた」

拡大写真

大会を総括する谷川プロデューサー

 3月5日(月)都内ホテルにて、昨日横浜アリーナで開催されたFEG/フジテレビ主催『K-1 WORLD GP 2007 IN YOKOHAMA』の一夜明け会見が行われた。会見には初代スーパーヘビー級チャンピオンになったセーム・シュルト(オランダ/ゴールデン・グローリー)、ヘビー級王座決定戦への出場権を手に入れた藤本祐介(日本/MONSTER FACTORY)とバダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)、そして谷川貞治イベントプロデューサー(以下EP)が出席している。

「めったに見られないことが1日に凝縮されていた」谷川EPはイベントの大成功に合格点を出した。「ルスランとバダ・ハリの試合では解説の魔裟斗選手が“MAXよりスピードが速い”と驚いていました。倒れるはずのない人が倒れて、セフォーが初めて失神KO負けし、武蔵が日本人に敗れる歴史的な場面があったり、澤屋敷選手がバンナに勝ったりと、めったに見られないものがいっぱい見れた」。視聴率は超強敵『華麗なる一族』の21.6%を崩すことは出来なかったが、その超強敵と大河ドラマを向こうに回して13.8%を稼いだ。

 今年から新設された階級制の第一弾としてスーパーヘビー級のチャンピオンが誕生し、4月28日(土・現地時間)ハワイ・ブレイズデルセンター『K-1 WORLDGP 2007 IN HAWAII』ではヘビー級のチャンピオンが誕生する予定。谷川EPは「1年がかりでK-1の世界組織を作ってコミッショナーを立て、しっかりとした組織でランキングを作ってやっていきたい」と構想を語る。

 コミッショナーには「日本人がいい。個人的には政治色のある人や宗教関係ではない人がいいですね。格闘技に愛のある選びたい。裁判長とか検事総長をやっていたような人がいれば一番いいんですが」と人選はこれからのようだ。

おまけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<アルツハイマー病>発症原因の一つ解明 佐賀女子短大教授

<アルツハイマー病>発症原因の一つ解明 佐賀女子短大教授

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070305-00000017-mai-soci


 佐賀女子短大(佐賀市)の長谷川亨教授(61)=公衆衛生学=が4日、アルツハイマー病が高齢者に多く発症するメカニズムの一つを解明したと明らかにした。老化によって神経細胞の働きが抑制されると、同病を引き起こす物質「ホモシステイン酸」が脳の神経細胞死を招く働きをすることを実験で示した。発症の仕組みが明確になっていない同病の治療に役立てたい考えで、研究成果は、6月に米国で開かれる認知症予防の国際会議で発表する。
 長谷川教授は05年にホモシステイン酸の有害な働きを初めて特定。今回の実験では老化との関係を分析した。老化が進み、神経細胞の働きが弱くなると、ホモシステイン酸が細胞内に有害物質を蓄積させ、別の原因物質と組み合わされることで細胞死することが分かった。若い世代では、ホモシステイン酸があっても、有害物質が蓄積されていないので、神経細胞死までは起きないという。
 長谷川教授によると、喪失体験やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの強いストレスがアルツハイマー病の危険因子とされており、ホモシステイン酸はそのようなストレスが持続的に続いた際に増える。
  • アルツハイマー病 - 症状や生活上の注意。Yahoo!ヘルスケア - 家庭の医学
  • アルツハイマー病 物忘れと病気の間 - 加齢に伴う脳の変化の写真など。東京都神経科学総合研究所
  • アルツハイマー病の原因物質、国内研究チームが発見 - 韓国人チームによる研究。YONHAP NEWS(2006年12月21日)
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2007年3月5日 | トップページ | 2007年3月7日 »